2010年12月26日

幻の中華そば加藤屋伏見にぼ次郎 にぼ次郎@伏見区

幻の中華そば加藤屋伏見にぼ次郎 にぼ次郎@伏見区
何気に前から気になっていたお店に行きました。
京阪電車の深草か藤森駅が最寄りです。
どちらの駅からも、歩いて五分ほど。それほど遠くないです。
店内は、カウンターのみ13席。食券制で、自分でコップ、箸、おしぼりを用意します。
オールセルフって感じですね。このあたりは、ラーメン荘等と似ているのかな。
注文したのは、『にぼ次郎@680円』です。
野菜のみ、増しで注文。システムが壁に張り紙してありましたが、増し増し等は無いのかな?
よく分からないですね。
具材はもやし、キャベツが少々、チャーシュー、煮干しにその上には、一味かな?
野菜増しでも、それほど大した量ではないですね。
他の増量できるところの方が、野菜の量は多いかもしれないですね。
幻の中華そば加藤屋伏見にぼ次郎 にぼ次郎 麺
麺は、太麺で、加水は高めに感じる。
もちもちしている。スープには、それほどからまない。
って言うか、スープがかなりおとなしい感じです。
背脂は少し入っているが、かなりあっさりしている味わいで煮干しの風味が非常に良い。
煮干しに少し豚骨で醤油味。和風って言う雰囲気ですね。
チャーシューは、そこそこ入っているが、やや固い食感。
薄めのもので、結構あっさりとしていて、ぱさぱさに感じるかもしれないですね。
非常にあっさりとしているかな。もう少し野菜のボリュームがあると嬉しいですが。

ちなみに、麺はこのにぼ次郎は200グラムです。
100グラム増えるごとに、一郎、次郎、三郎と変わっていきます。
そして、三郎までは値段が一緒。面白いですよね。

森系の方も、少し貰ったのですが。
こちらは、ニンニクも入っている、油そば。
混ぜそばになりますので、かなりジャンクです。
醤油味が強くて、スナック菓子のような味わいでした。
店員の愛想も良いし、また機会があれば来てみたい。
結構良い感じのお店ですよね。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
↑ランキングに参加中
blogが気に入ったらクリックしてください。
posted by にあぴん at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック